犬夜叉ピンボールマシン

  1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SEO
  4. Googleスパムアップデートとは?最新アップデート情報と対策方法まとめ

Googleスパムアップデートとは?最新アップデート情報と対策方法まとめ

公開(kai)日(ri):2023年10月16日(ri)

Googleスパムアップデートとは?対策方法と最新アップデート情報まとめ

当記事を読むと「Googleスパムアップデート」についての基(ji)本知識が理解できるだけでなく、スパムアップデートの最新情報、スパムアップデートの過去情報、スパムアップデートへの対策方法まで”簡潔かつ深く”理解することができます。

当記事では自社WebサイトがGoogleにスパムコンテンツ判定されていないか検(jian)討できる参(can)考資料を簡潔に図解しています。ぜひ参(can)考になさってください。

※今すぐスパムアップデートの最新情報が知りたい方はこちらをクリックすることで該当箇所までジャンプ可能です。

【無料DL】「SEO内部対策チェックシート」を無料ダウンロードする
SEO内部対策チェックシート(お役立ち資料)

スパムアップデートとは(概(gai)要)

検索結(jie)果(guo)に表示(shi)されるスパムコンテンツを排(pai)除するためのアップデート

スパムアップデートとは「スパムコンテンツを検索結果から排除する」ことを目的としたアップデート

スパムアップデートとは「検索結果からスパムコンテンツを排除(chu)することを目的としたアップデート」を指します。

スパムコンテンツとは検(jian)(jian)索ユーザーがアクセスすることで不利益となるコンテンツのことで、分(fen)かりやすく説(shuo)明するならウイルスサイトをイメージすると理解が早(zao)まるかと思います。またスパムコンテンツは俗にいうウイルスサイトのみだけに留まらず、例えば、検(jian)(jian)索エンジンをハックする目的で実施されたリンクサイトなどもスパムコンテンツとしてみなされます。

Googleはスパムアップデートを実施することで「スパムコンテンツを検(jian)索(suo)結果(guo)(SERP)から除外し、検(jian)索(suo)ユーザーにとって快適な検(jian)索(suo)結果(guo)画面(mian)を提(ti)供(gong)する」ことを目指(zhi)しています。

人にとって価値の高(gao)いコンテンツを検索結(jie)果(guo)に表示(shi)するために実施する

スパムアップデートはなぜ実施されるのか?

スパムアップデートによって検索結果からスパムコンテンツを除外することは、逆説(shuo)的(de)に「人(ren)にとって価値の高いコンテンツだけを検索(suo)結果に表(biao)示させる」ことを意味します。

現在は日(ri)常(chang)生(sheng)活で感じた疑問(wen)を検索エンジンで当たり前に解決できる環(huan)(huan)境(jing)が整っています。この”検索ユーザーが求(qiu)める検索結果(guo)を何不自(zi)由なく快適(shi)に表示できる環(huan)(huan)境(jing)”はスパムアップデートが検索結果(guo)を整備しているからだと理解できるはずです。

スパムアップデートは近年におけるGoogle主要アップデートの1つ

スパムアップデート以外の主要なアップデート一覧

ここでGoogleのスパムアップデートの立ち位(wei)置を俯瞰的(de)に理解(jie)していただきたいので、スパムアップデート以外(wai)に実施されている主要なその他のアップデートについてもご紹介します。

上図でまとめました通り、近年(2020年以降)のGoogleの主要アップデートとして「コアアルゴリズムアップデート」、「ヘルプフルコンテンツアップデート」、「ページエクスペリエンスアップデート」が実施されています。つまり、スパムアップデートを含めた4種類(lei)のアップデートが近(jin)年頻(pin)繁に実施されている状況(kuang)です。

この4種類のアップデートはGoogle公式サイトであるにてアップデート実施日時が確(que)認(ren)できます。お時間ある方(fang)はチェックされることをお勧めします。各アップデート毎(mei)に担(dan)う役割が異(yi)なります。前述済みではありますがスパムアップデートは「スパム対(dui)策に特化(hua)したアップデート」であることを改(gai)めてご紹介しておきます。

<他のGoogleの主要アップデートが気になる方はこちらをどうぞ>
コアアルゴリズムアップデート解説記事はこちら
ヘルプフルコンテンツアップデート解説記事はこちら
ページエクスペリエンスアップデート解説記事はこちら

Webサイト運営者(zhe)はGoogleのスパムに関(guan)するポリシーを理解しよう

スパムアップデートに対してWEBサイト運営者がすべきこと

・Googleが公式発表しているスパムに関するポリシーを理解する
・上記ポリシーを加味した具体的なスパムアップデート対策方法を理解する

Webサイト運営者としてスパムコンテンツを公開(kai)しないよう心がけることも重(zhong)要です。Webサイト運営者はGoogleのスパムに関するポリシーを把握(wo)しておきましょう。またスパムに関するポリシーを加味した具体的なスパムアップデート対策方(fang)法についても理解を進めて下さい。上記テキストリンクをクリックすることで当(dang)記事内の該(gai)当(dang)箇所までジャンプしますので内容(rong)を確(que)認してみましょう。

スパムに関(guan)するポリシーの理解を進(jin)める前に「最新のスパムアップデート情報(bao)」と「過去のスパムアップデート情報(bao)」についての状(zhuang)況把握をしておきたい方は次の文章(zhang)に進(jin)んでください。

最(zui)新(xin)のスパムアップデート情(qing)報(2023年10月5日実(shi)施(shi))


最新のスパムアップデートは2023年10月(yue)5日に実施されており、2023年初めてのスパムアップデートとなりました。この情報は上記のXアカウント(Google Search Centralの公式Xアカウント)にて発表されており、このアップデートがすべて完(wan)了(le)したら「」に投稿(gao)するとも記載されています。

過去のスパムアップデート情(qing)報一覧

・2022年10月19日に実施
・2021年11月3日に実施
・2021年6月28日に実施
・2021年6月23日に実施(初のスパムアップデート)

上表の通りスパムアップデートは2021年6月23日(ri)に始めて実施されています。2021年はスパムアップデートが開始された年であったこともあってか、6月に2回(hui)と11月に1回(hui)の計3回(hui)ものスパムアップデートが実施されています。

対して翌(yi)年2022年は11月3日に1度だけ実(shi)(shi)施(shi)(shi)されただけとなっています。今回実(shi)(shi)施(shi)(shi)されたスパムアップデートも2023年で始めての実(shi)(shi)施(shi)(shi)となりましたので、スパムアップデートは1年間に1回の周期で実(shi)(shi)施(shi)(shi)する事をGoogleは想定しているのかもしれません。

「Googleウェブ検索(suo)のスパムに関(guan)するポリシー」の理解を進めよう

スパムアップデートの対象となりうる行為一(yi)覧(lan)

スパムアップデートの対象行為
画像内(nei)テキストの引用(yong)元:

上(shang)図でまとめた行為はスパムアップデートにてスパムコンテンツとしてみなされる対象行為です。数えると14個ほど指定されていますが、要するに「検索ユーザー(読者)を惑わせるコンテンツはスパムコンテンツとしてみなされる」という点、そして「Googleの評価を惑わせるコンテンツはスパムコンテンツとしてみなされる」という点の2つについて詳細に分(fen)解して記載されているだけです。難しく考えすぎず理解いただければと思います。

各対象(xiang)行為(wei)に関(guan)する詳細はにて分(fen)かりやすく記載(zai)されています。確認してみましょう。

ランキングの降格や削除につながる可(ke)能性(xing)のあるその他の行(xing)為(wei)

スパムアップデートの対象行為
画像内テキストの引(yin)用元:

上図でまとめた4つの行為は、「Googleからの評価(ランキング)が降格」する、または「Google検(jian)索結果から削(xue)除」される可能性があるものとして紹介されています。前述したスパムアップデート対象行為と同様、行うべきではない行為ですので注(zhu)意して下さい。

例えば、「法(fa)律に基(ji)(ji)づく削除(chu)」では著作(zuo)限侵害(hai)(hai)による削除(chu)依頼がコンテンツ読者からGoogleに大(da)量に届(jie)いた場合に実施(shi)されます。Google的には”著作(zuo)権を侵害(hai)(hai)しているWebサイトを検(jian)索(suo)(suo)結(jie)果に表示し続ける”ことは「健全(quan)な検(jian)索(suo)(suo)結(jie)果を”検(jian)索(suo)(suo)ユーザーに満足に提(ti)供(gong)できない”のと同じ」ですので、該当(dang)のWebサイトに対して降(jiang)格(ge)(ge)シグナルを適用(yong)します。このようにして降(jiang)格(ge)(ge)シグナルを受(shou)けたWebサイトは検(jian)索(suo)(suo)結(jie)果に表示されづらい状態となります。「法(fa)律に基(ji)(ji)づく削除(chu)」以外の他3つの行為も同様に降(jiang)格(ge)(ge)措置を受(shou)けるとされていますので、これらに十分注意してWebサイト運営されることを推奨(jiang)いたします。

Webコンテンツ制(zhi)作者が執るべき「具体的なスパムアップデート対(dui)策方法」

Webコンテンツ制作者が執るべき具体的なスパムアップデート対策方法

結論、Webコンテンツ制作者が執るべき具体的なスパムアップデートの対策方法は上図の通りです。「読者を騙さないこと」と「Googleを欺かないこと」を意識してコンテンツ制作に励(li)んでください。意(yi)識して制作を続けるだけで施策精度がきっと高まるはずです。以下、3ポイントの各(ge)説明です。

「検索(suo)アルゴリズムのハック目(mu)的」でコンテンツ制(zhi)作(zuo)しない

1つ目の具(ju)体的(de)なスパムアップデート対(dui)策方法は「検(jian)索アルゴリズムをハック」する目的(de)でコンテンツ制作しないことです。SEOとスパム行為を混同しないよう注意して下さい。コンテンツが持つポテンシャルを最(zui)大限(xian)まで高めるためにSEOに取り組むことは正しいですが、Googleの考える「」に抵触(chu)する手(shou)法がSEOになると考えるのは間違っていますので、注意しましょう。

「読者にとって有害(hai)」であると感(gan)じる施策は実施しない

2つ目の具体(ti)的なスパムアップデート対(dui)策方法は「読者にとって有害(hai)」であると感(gan)じる施(shi)(shi)策は実施(shi)(shi)しないことです。例(li)えば、隠しテキストと隠しリンク(白(bai)色の画面背景に白(bai)色のテキストリンクを設(she)置する等)などが理解しやすいと思いますが、読(du)者がWebコンテンツに訪問し、閲覧(lan)している最(zui)中に不快に感じるであろうことはしないよう心がけましょう。読(du)者を裏切る行為は結(jie)果(guo)的に「Googleからのスパムコンテンツ判定(ding)」の確率を高めます。

「読者に高い価値を提(ti)供する」ためにコンテンツの品質向上(shang)を目指す

3つ目の具(ju)体(ti)的なスパムアップデート対(dui)策(ce)方法は「読者(zhe)に高い価値を提供する」ためにコンテンツの品質(zhi)向上を目指すことです。読(du)者(zhe)(zhe)(zhe)にとって価(jia)値の高(gao)いコンテンツを公開(kai)することを意(yi)識してコンテンツ制(zhi)作すれば、意(yi)識しない状況で作られるコンテンツよりも品質は”読(du)者(zhe)(zhe)(zhe)にとって高(gao)まる”はずです。そうすることで「検索アルゴリズムのハック」が目的となるリスクも防げますし、「読(du)者(zhe)(zhe)(zhe)にとって有害であると感じる施(shi)策」を実施(shi)するリスクも限りなく抑えられるはず。

また、を読(du)むと、要(yao)所要(yao)所で『質の低(di)い』という文言が記載されています。『コンテンツの質の低(di)さ』をGoogleがどのように評価(jia)(jia)しているかは正確に判断できませんが、だからこそ文字通りに『品(pin)質の高(gao)さ』を追求すべきです。読(du)者(zhe)にとって価(jia)(jia)値(zhi)のあるコンテンツ制作を心(xin)掛(gua)けましょう。

まとめ:スパムアップデートと無(wu)縁のWebサイト運営を実施(shi)しよう

Googleスパムアップデートまとめ

当記事のまとめとなりますが、スパムアップデートとは「スパムコンテンツを検索結果から排除することを目的としたアップデート」です。また、スパムアップデートの対象行為とみなされるのは「Googleのスパムに関するポリシー」にて明記されています。「Googleのスパムに関するポリシー」の内容(rong)を理(li)解することで無自覚にスパムコンテンツ作(zuo)成することが避けられますので再度確認してみましょう(当記事のスパムに関するポリシーの要約はこちら)。

加(jia)えて、「コンテンツを読者にとって価値のある品(pin)質まで高めるよう努(nu)力する」ことは、自(zi)然とスパム行(xing)為を排(pai)他することに寄与します。「スパムサイトが排(pai)除され、正しく運(yun)営してきた自(zi)社(she)Webサイトの価値が相対的に高まる」のがスパムアップデートだと理解すると良いでしょう。

日々、読者にとって価値の高いコンテンツ制作に励むことでスパムアップデートと無縁のWebサイト運営を実施されることをお勧めします。

【無料DL】「SEO内部対策チェックシート」を無料ダウンロードする
SEO内部対策チェックシート(お役立ち資料)

この記事を書いた人(ren)

矢野翔大

パチンコ遊(you)技機開発者(zhe)としてパチンコパチスロメーカーで8年(nian)間(jian)の業(ye)務(wu)(wu)を経たのち、2022年(nian)から株(zhu)式会社フルスピードのオウンドメディア『GrowthSeed』のマーケティング担当として入(ru)(ru)社。"WEBサイト運(yun)営は商品開発である"というモットーのもと、自身(shen)が得意とするエンタメ思考を取り入(ru)(ru)れつつ日々マーケティング業(ye)務(wu)(wu)に取り組んでいる。趣味はキャリアそのままにWEBサイト運(yun)営、パチンコ、パチスロ、ゲーム。

この記事をシェアする
記(ji)事(shi)の関連タグ
資料ダウンロード            
SEOの人気記(ji)事(shi)
           
SEOの新着記事
関連(lian)タグから記(ji)事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気(qi)軽にご相談ください