犬夜叉ピンボールマシン

  1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SEO
  4. SGEの導入による検索流入の変化やGoogleの意図を考察!現状できる対策はあるのか?

SGEの導入による検索流入の変化やGoogleの意図を考察!現状できる対策はあるのか?

公開(kai)日:2023年11月02日

最終更新(xin)日(ri):2023年11月(yue)09日(ri)

SGE(Search Generative Experience)とは、Google検索に生成系AIを導入したものです。

2023年8月30日から日本国内で Google 検索の新機能としてSGE の日本語版の試験運用を開始し、現在も「Search Labs」という試験的なプログラムの設定内の項目をオンにすることで利用できます。しかし、Search LabsでのSGEの提供は2024年2月と記載されており、その後、正式機能として導入される可能性があります。
※現状ではいつ、どのような形で導入(ru)されるのか、そもそも導入(ru)されるのか不明確な状況です。

本(ben)記事では、SGEによりWebサイトの検索流(liu)入やSEO対策にどのような影響(xiang)があるのか考察した記事になります。

【無料DL】構造化マークアップの仕様書を受け取る
構造化マークアップの仕様書(お役立ち資料)

SGEのおさらい

SGEはクエリに沿った回答を自動生成AIがGoogle検索結(jie)果に表示(shi)する機(ji)能(neng)

SGEはGoogle検索に生(sheng)(sheng)成(cheng)系(xi)AIが組み合わさったもので、クエリに沿った回答をAIが生(sheng)(sheng)成(cheng)してくれます。

例えば、Googleで「マーケティングを勉強する方(fang)法」と検索(suo)すると、検索(suo)画(hua)面の上(shang)部にマーケティングを勉強する方(fang)法をいくつも提案(an)してくれます。この生成(cheng)された回(hui)答は様々なWebページから情報を収集(ji)・抽出(chu)し、生成(cheng)してくれます。

SGEを利用した際(ji)の検索結(jie)果(guo)表示画面(2023年11月現(xian)在(zai))

クエリに対する回答は左側に、抽出してきた情報元のWebページは右側に、
ユーザーがさらに調(diao)べたいと予想される質問一覧が下(xia)部に表示されています。

一(yi)般(ban)的な検(jian)索結果のランキングは生成された回答(da)の下に表示(shi)され、広告枠(枠)に関(guan)しては現状テスト中のため、ユーザーによって掲載位(wei)置が異なります。

SGE検索結果が本導(dao)入された場合のユーザー行動の変(bian)化を考察

もし、SGEがから抜粋

この抜粋を見る限(xian)り、ユーザーから一定の満足度は得られており、SGEを検索(suo)結果内(nei)に導入をしていく可能性は高(gao)いと思われます。

GoogleはWebサイトへの流入数を継続(xu)的に増加(jia)させる方法を模索しながら導入されると予想

今ではどのユーザーも「Googleで検索すれば欲しい情(qing)報(bao)(bao)が見つかる」と思い、Googleは検索エンジンのシェアのトップに君臨するわけですが、これはサイト運営者が情(qing)報(bao)(bao)発(fa)信に注力し、Web上に沢山の良(liang)質な情(qing)報(bao)(bao)が掲載されるようになったからです。

ではなぜ、サイト運(yun)営者は情報(bao)発信に注力していったのでしょうか。それは以下のような良いスパイラルが起きたからです。

  1. サイト運営者はビジネスや利益目的でWebサイトの流入数や閲覧数を獲得したいと考える
  2. 流入数や閲覧数を獲得するために、ユーザーが求めている、鮮度が高い、わかりやすいなどの質の高い情報を発信する
  3. ユーザーにとって有益なWebサイトだと、検索結果に上位表示され、Webサイトの流入数・閲覧数を獲得できる
  4. サイト運営者はさらに流入数・閲覧数を獲得するため、ユーザーにとって有益な情報を発信する
  5. 結果、良質なWebサイトが増え、Web上に沢山の良質な情報が掲載されるようになる

もし、仮(jia)に前(qian)章の想定の1つであるSGE導(dao)入により、Webサイトの流(liu)(liu)入数(shu)(shu)・閲(yue)覧数(shu)(shu)が減ったらどうなるでしょうか。Webサイトの流(liu)(liu)入数(shu)(shu)・閲(yue)覧数(shu)(shu)が減るとサイト運営(ying)者(zhe)(zhe)が得られるメリットや利(li)益が減っていきます。そうすると、運営(ying)者(zhe)(zhe)はサイトの優先度が下がり、更新(xin)や情報発(fa)信の頻度が減っていき、良質なサイトが減っていきます。結果、SGEは質の高くないWebサイトの情報を学習し、質の悪い回(hui)答を生成するという負のスパイラルに落(luo)ちていく可(ke)能性があります。

そのため、Googleは、SGEの導入(ru)とWebサイトへの流入(ru)について以(yi)下のように言及しており、Webサイトへの流入(ru)数(shu)が今まで通り獲得できるように進めているそうです。

(以下引用記事の翻訳内容)
検索における生成(cheng) AI はまだ実験段(duan)階であることに注(zhu)意することが重要であり、関連する Web サイトへのトラフィックを継続的に増加させるアプローチを優先しながら、結(jie)果を表示(shi)しフィードバックに耳を傾けるさまざまな方法のテストを継続していきます。

引用元:から抜粋

サイト運営者(zhe)がSGE導入に向(xiang)けてできる対策とは?

ユーザーにとっては検(jian)索キーワードに対する簡(jian)単な答(da)えがSERPから簡(jian)単に得られるようになると利便性(xing)が高(gao)まる反面、サイト運営者にとっては流(liu)入数・集客力が下がり悩ましい限りです。まだ、GoogleがどのようにSGEを導入するのかは定かではありませんが、現(xian)状、以下のような施(shi)策がSGEの生(sheng)成コンテンツに引(yin)用される可能性(xing)を高(gao)める方法と思われます。

オリジナルコンテンツ・一次情報の発(fa)信

引用元としての採用確率を高めるためには、他のサイトでは言及されていないようなオリジナルコンテンツ・一次情報が重要と考えられます。
オリジナルコンテンツ・一(yi)次情報とは具体的に以(yi)下のようなものが挙げられます。

  • 自らの体験談や経験則などを取り入れたコンテンツ
  • 独自の調査や分析で得られた情報を含むコンテンツ
  • 特定のテーマについての見解や考察を含むコンテンツ

客観的事実や第三者の発信を扱うことはできても自らの体験談や経験則のコンテンツを生成することはできないです。
また独自の調査や分析(xi)で得られた情報は生成AIに引用される可能性が高くなり、SGEの参照元に表(biao)示される可能性が増えます。

ちなみに、下記Googleのガイドラインにも記載があるように、オリジナルコンテンツはGoogleに評(ping)価されるポイントであり、SEO向(xiang)上に繋がります。そのため、Webページにオリジナルコンテンツを盛(sheng)り込むのはSGE対策(ce)だけでなく、SEO対策(ce)にもなります。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示(shi)されるようになります。

引用元:

E-E-A-Tを意(yi)識してコンテンツを作成

E-E-A-Tとはコンテンツの品質評価指標で「経験」、「専門性」、「権威性」、「信頼性」の4つの要素で成り立っています。
クエリがYMYL領域の場合、SGEの生成は慎重に行われ、生成されない又は免責事項の注意書きが入ります。そのため、YMYLに関するコンテンツをSGEに引用してもらうには「E-E-A-T」を重視したコンテンツを作成する必要があります。

Google は、新しい生成(cheng) AI 技術を活用した検索体験を導入(ru)するにあたり、責任ある慎重なアプローチをとっています。生成(cheng) AI と LLM には既知の制限があり、検索が常に正しく機能(neng)するとは限りません。

引用元:

FAQコンテンツの作(zuo)成

SGEは検索クエリをもとに回答をAIで生成するため、FAQコンテンツと高い親和性があると思われます。
特に、以下のような検索クエリはFAQコンテンツにしやすいです。

  • ○○とは?
  • ○○のやり方?○○の方法?
  • おすすめの○○は?○○はどれがいいのか?

そのため、Webページ内にFAQコンテンツを作成し、構造化データマークアップすることで、検索エンジンに認(ren)(ren)識(shi)できるカタチで文字情報が「何を意味するのか」を認(ren)(ren)識(shi)できるようになり、FAQコンテンツを入(ru)れていることを的(de)確に伝えることができます。

まとめ:やるべきことは変(bian)わらず、オリジナル要(yao)素とE-E-A-Tを意識してコンテンツを作(zuo)成しよう

前章でお話した通り、SGE対策で考えられる施策は以(yi)下の通りです。

  • オリジナルコンテンツ・一次情報の発信
  • E-E-A-Tを意識してコンテンツを作成
  • FAQコンテンツの作成

上記の施策(ce)(ce)はSGE対策(ce)(ce)だけでなくSEO対策(ce)(ce)において同(tong)様(yang)に有効(xiao)な施策(ce)(ce)です。さらに、ここ直(zhi)近(jin)、ヘルプフルコンテンツアップデートやコアアップデートの傾向から「オリジナルコンテンツ・一次(ci)情報の発信」、「E-E-A-Tを意(yi)識してコンテンツを作(zuo)成」がSEOにおいても重要(yao)な施策(ce)(ce)であることは明らかです。

まだ、現状(zhuang)そのような形でSGEが導入されるかわからない以(yi)上(shang)、今(jin)後のSGEの動(dong)向に目を向けつつ、SGE対策とSEO対策ともに重要な施策である「オリジナルコンテンツ・一(yi)次(ci)情報の発信」、「E-E-A-Tを意識(shi)してコンテンツを作(zuo)成」を行っていきましょう。

また、今回の記事にて構造化データマークアップに関して触れました。構造化データマークアップの方法について詳しく知りたい方は下のバナーから構造化データマークアップに関するマニュアルをダウンロードできます。是非ダウンロードしてみてください。
【無料DL】構造化マークアップの仕様書を受け取る
構造化マークアップの仕様書(お役立ち資料)

この記事を書いた人
伊藤 康貴

伊藤 康貴

マーケティング部

2018年Web広(guang)告(gao)(gao)会社に入(ru)社、比較(jiao)メディアやSEOのコンサルティング営(ying)業(ye)に従事。3年間で200社以上(shang)の企業(ye)様の集客に携わる。 より集客の見識を深めるために2021年フルスピード入(ru)社。 オウンドメディア『GrowthSeed』の運営(ying)/ライティング、メルマガ運用、広(guang)告(gao)(gao)運用など自社のマーケティング業(ye)務を担当している。

この記(ji)事(shi)をシェアする
記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SEOの人気記事
           
SEOの新(xin)着記事
関連タグから記事を探(tan)す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください