犬夜叉ピンボールマシン

  1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. FacebookでKPI設定するメリット・実名登録アカウントから成果を出す方法

FacebookでKPI設定するメリット・実名登録アカウントから成果を出す方法

公開日:2023年11月17日

FacebookのKPI設定┃実名登録アカウントから成果を出す方法

当(dang)記事ではFacebook運用でKPIを設定(ding)するメリットと、FacebookのKPI設定(ding)方法についてご紹介します。実名(ming)登録(lu)アカウントでのSNS運(yun)用(yong)が求められるFacebookの特徴を加味したFacebookのKPI設定方法(fa)や、KPI指標を計測(ce)するの役(yi)立つツールまでご紹介していますので参(can)考にしてください。

「Facebook広告の攻略マニュアル」を無料ダウンロードする
Facebook広告の攻略マニュアル ~クリエイティブ制作・改善・運用まで~(お役立ち資料)

目次

Facebook運用(yong)におけるKGIとKPIを定めよう

まずはFacebookのKGIとKPIを設定しよう

KGI(重要目標達成(cheng)指標)に最終達成(cheng)目標を設定(ding)する

まずはFacebookのKPI設(she)定(ding)を定(ding)める前にKGI(重要目標(biao)達成指標(biao))を定(ding)めましょう。KGIは「最終的に達成したいゴール」のことを意味します。例えば「Facebook経由でのサービス受注を年間60件(jian)受けたい」など、具(ju)体的な最終目(mu)標をKGIに設定(ding)すると良いです。

KPI(重要業績評価指標)に中(zhong)間達成目標を設定する

KGIが定まったらKPI(重(zhong)要(yao)業(ye)績評(ping)価指標)を設定しましょう。KPIは最終(zhong)達成(cheng)(cheng)目(mu)標であるKGIを達成(cheng)(cheng)するために計測する中(zhong)(zhong)間(jian)(jian)(jian)達成(cheng)(cheng)目(mu)標のことです。簡(jian)単に説明すると、「年間(jian)(jian)(jian)60件(jian)のサービス受注(zhu)をFacebook経由で獲得したい」というKGI設(she)(she)定(ding)(ding)を達成(cheng)(cheng)するために、例えばKPI設(she)(she)定(ding)(ding)として「半年間(jian)(jian)(jian)で25件(jian)のサービス受注(zhu)を達成(cheng)(cheng)しておく必要(yao)がある」と中(zhong)(zhong)間(jian)(jian)(jian)目(mu)標を設(she)(she)定(ding)(ding)することができるはずです。この中(zhong)(zhong)間(jian)(jian)(jian)目(mu)標がKPIです。

もっと具体(ti)的にKPI設(she)(she)定(ding)(ding)したい場合(he)は複数(shu)(shu)個のKPIを設(she)(she)定(ding)(ding)しましょう。例えば1つ目のKPI設(she)(she)定(ding)(ding)を「Facebook経由の月間お問合(he)せ獲得(de)数(shu)(shu)を20件」とし、2つ目のKPI設(she)(she)定(ding)(ding)を「お問合(he)せ経由の受注確率を25%」としてみます。

この2つのKPIを毎(mei)月達成(cheng)(cheng)(cheng)することができれば毎(mei)月5件(jian)のサービス受注(zhu)を達成(cheng)(cheng)(cheng)できることが分(fen)かります(問合せ20件(jian)×受注(zhu)確率25%=5件(jian)受注(zhu))。このKPI設定を12ヶ月達成(cheng)(cheng)(cheng)できれば「1年間(jian)で60件(jian)のサービス受注(zhu)を達成(cheng)(cheng)(cheng)する」というKGIを達成(cheng)(cheng)(cheng)できることになります。

Facebook運用時にKPIを設定(ding)するメリット

Facebookの運用目的を見(jian)失わずに長期的な運用に組めるようになる

KPI設定を取り入(ru)れることで、長期的(de)なFacebook運用(yong)(yong)となった場合でも達成したい本来の目的(de)を見(jian)失わずに正しく運用(yong)(yong)できるようになります。Facebookに限(xian)らずすべてのSNS運用(yong)(yong)に共(gong)通していることですが、長期的(de)にSNS運用(yong)(yong)していくほどに「本来の運用(yong)(yong)目的(de)を見(jian)失う確(que)率」が高まる傾向にありますので、KPI設定は積極的(de)に活(huo)用(yong)(yong)しましょう。

可能であれば、Facebook運(yun)(yun)用(yong)をスタートさせる前(qian)にKPI設定(ding)を実施すると良いでしょう。もちろんFacebook運(yun)(yun)用(yong)をスタートしている場(chang)合でも、途中からKPI設定(ding)を利用(yong)することはFacebook運(yun)(yun)用(yong)目的を思い出(chu)せるため推奨です。

日々の目標を可視化(hua)でき検討材料を洗い出(chu)せるようになる

より具体(ti)的なKPIに落(luo)とし込むことができれば”そのKPIそのものが毎日の行(xing)動(dong)指標”となります。例えば前述した2つのKPI設定(月間お問合(he)せ数20件(jian)、受注(zhu)確率25%)を想定してみた場(chang)合(he)、以下(xia)のように毎日の検討材料(liao)が洗い出(chu)しやすくなるはずです。

・月間お問合せ数を20件獲得できる認知度が現状あるか?
・月間20件のお問合せ数に対応可能な社内環境が存在するか?
・受注確率25%を担保できる商談のプロが存在するか?
・そもそも受注確率50%まで引き上げられないか?

上(shang)記(ji)内容(rong)は一例ですが、上(shang)記(ji)のようにKPI設定することで「KPIを達成するための検(jian)討材(cai)料が可視(shi)化できる」ためメリットが大きいことが理解(jie)できるはずです。

Facebook運(yun)用におけるKPI設定の作り方と具体例

FacebookのKPI設定はKPIツリーを使って作成しよう

FacebookのKPI設定はKPIツリーを使って作成しよう

上(shang)(shang)図のように、Facebook運用におけるKPI設(she)定はKPIツリーを使って作(zuo)成すると全(quan)体像が把(ba)握しやすくお勧めです。上(shang)(shang)図はKGIを「売上(shang)(shang)金額」とした場合のKPIツリーとなっています。当記事では1つ目(mu)(mu)のKPIを「お問合せ件数」、2つ目(mu)(mu)のKPIを「受注確率」としてお話(hua)を進めていますので、上(shang)(shang)図でそのようなKPIツリーを作(zuo)成しています。

上図では「お問合せ件数」というKPI設定にぶら下(xia)がるようにさらに細かなKPIを設定しています。例えば「月間のお問合せ件数20件」を達(da)成するには「Webサイト訪(fang)問者数」や「商品(pin)ページの遷移率(lv)」などの要(yao)素が必(bi)要(yao)になります。これらを「お問合せ件数というKPI」にぶら下(xia)げておけば、日々の行(xing)動指標がKGI達(da)成にどう影響するのかが明確にできます。

上図でまとめたKPIツリーは一例ですので、あなたの達成(cheng)したいKGIと、そのKGI達成(cheng)に関連する要素をKPIとして設定し、いつでも俯瞰確(que)認可能(neng)なKPIツリーを作成(cheng)してみましょう。

ブランド認知の向(xiang)上をKGIとした場合のKPI設定(ding)例

ブランド認知の向上をKGIとした場合のKPI設定例

例(li)えば、KGIを「ブランド認知の向(xiang)上」とする場合、KPI設(she)定(ding)として「リーチ数(shu)(shu)」や「インプレッション数(shu)(shu)」を設(she)定(ding)すると良いでしょう。例(li)えば、月(yue)(yue)間(jian)(jian)10000リーチを設(she)定(ding)した場合、1週(zhou)間(jian)(jian)で2500リーチが必要となります。同様に「インプレッション数(shu)(shu)」に関(guan)しても、例(li)えば月(yue)(yue)間(jian)(jian)でどの程(cheng)度の数(shu)(shu)値を獲得(de)したいのかを設(she)定(ding)すると良いです。

もちろん、今(jin)回のKGIである「ブランド認知」に関して上記2つの指標が必(bi)ず必(bi)要であるかと言えばそうでもありません。リーチ数のKPIだけでKGIを追っても問題はありません。ただ、この場(chang)合、「KGI=KPI」の関係性になってしまいます。このような状況(kuang)になった場(chang)合は「リーチ数」をKGIとし、より詳細なKPI設定ぶら下(xia)げると良いです。

例えば、「目標のリーチ数(shu)(shu)を達成(cheng)するためのクリエィティブの作成(cheng)数(shu)(shu)」をKPIとして設定(ding)したり、「目標のリーチ数(shu)(shu)を達成(cheng)するための投稿数(shu)(shu)」をKPIとして設定(ding)するなどが考えられるはずです。より詳(xiang)細なKPI設定(ding)は毎日の行(xing)動(dong)指標となり活(huo)動(dong)目的(de)をはっきりさせます。結(jie)果的(de)に迷いのないFacebook運用を実現しやすくなりますので、小さなKPI設定(ding)でもおろそかにしないよう注意しましょう。

売上(shang)金額(e)の向上(shang)をKGIとした場合のKPI設定(ding)例

売上金額向上をKGIとした場合のKPI設定例

例えば「売上(shang)金額の向上(shang)」をKGIとして設定(ding)した場合(he)(he)、「Webサイトへのリンククリック数」や「インプレッション数」をKPI設定(ding)すると効(xiao)果的(de)です。自(zi)社(she)のWebサイトで商品(pin)やサービスを販売している場合(he)(he)に有効(xiao)な手(shou)段で、Facebook運営(ying)目的(de)を”自(zi)社(she)Webサイトへの流入窓口(kou)”にする場合(he)(he)に活用できます。

ちなみに上記(ji)のように「Webサイトへのリンククリック数」をKPI設定した場合(he)でも「Webサイトへのリンククリック数というKPI」の下(xia)に「リーチ数」がぶら下(xia)がります。なぜならリーチ数はFacebook運用における基(ji)本的で基(ji)礎的な最(zui)小単位(wei)の指標だからです。

「Webサイトへのリンククリック数」を上(shang)流のKPIとして設(she)定(ding)としたことで”どのような投稿ならリンククリックするリーチ層が獲得できるのか?”といった具合(he)に「リーチの質」を追(zhui)求できるようになります。これがリーチ数を上(shang)流KPIに設(she)定(ding)しない大きなメリットです。獲得したリーチが自(zi)社にとって本当に有効なリーチなのかどうかまで想定(ding)できることは次回のFacebook運(yun)用施策検討時(shi)にも役立ちます。

上記(ji)のように、同じ指(zhi)標を追(zhui)う場(chang)合でも「KPI設定をどのように設定するかで指(zhi)標の追(zhui)い方が変化する」ことを理解(jie)するとFacebook運用においてKPI設定する意(yi)味や価値が理解(jie)できるようになるでしょう。

Facebookの特徴(zheng)(実名登(deng)録制)に注目(mu)しKPI設定してみよう

実名登録制のFacebookの特徴に注目してKPI設定しよう

実名アカウントが繋がり合うローカル地(di)域を意識しKPI設定する

Facebookは実名アカウントで運用する必(bi)要があるため「現実世界の繋がりがそのままSNSに反(fan)映されやすい傾向」があります。例えば、大学時代の友人同(tong)氏がFacebook上の友達として繋がっていたり、生活圏の地(di)域(yu)の知り合いとFacebook上の友達として繋がっていたりなど考えられます。

つまり「アカウントがローカル地域単(dan)位で繋(xi)がる傾(qing)向(xiang)があるFacebookの特徴」を意識してKPI設定するのも効果的だということです。例(li)えば学(xue)生時代の記憶(yi)を想起させるクリエイティブを投稿し、「学(xue)生時代の仲間とのコメント数がクリエイティブ投稿に100件付(fu)くことをKPI設定」にするなどです。

このようにFacebookの特徴(zheng)を加味しながらKPI設(she)(she)定(ding)(ding)すると、単(dan)純に「月間1000いいね」をKPI設(she)(she)定(ding)(ding)するよりも高いエンゲージメントを伴う成果を獲得する可能性も高まります。この場(chang)合、サービス内容も「学(xue)生の記憶と紐づくサービス」であるとなお効果が高いはずです。

実名アカウントで活動するビジネスマンを意識(shi)しKPI設定する

Facebookは実名アカウントで活動する事が求められるためビジネスマンも多くSNS登録しています。「ビジネスマンが実名で繋がるFacebookの特徴」を意識してKPI設定するのも効果(guo)的(de)です。

例えば実名でフリーランス活動している方々がFacebook上に多数(shu)存在しています。彼らフリーランサーに向けたオフラインイベントを開(kai)催する回数(shu)をKPIにするのも良(liang)いでしょう。もちろんオフラインイベントでも良(liang)いですが、あえてオフラインイベントにすることで実名を公開(kai)して活動しているフリーランサーとの繋がりを深く築(zhu)けるかもしれません。

このように、いいね数などのFacebook指標でKPIを設(she)定(ding)せずに「イベント開催数をKPI設(she)定(ding)」することも効果(guo)的です。Facebookを利(li)用したKPI設(she)定(ding)はを実名登録(lu)制のアカウント運用に着眼したKPI設(she)定(ding)とすると、Facebookだからこそのターゲティングが可(ke)能となります。

実名アカウントを行動変(bian)容させる価値(zhi)は非常(chang)に大(da)きい

Facebookは実名でアカウント運営することが求められるSNSです。匿名性が強いX(旧Twitter)などとは異なり、各アカウントが実名運用しているため「1いいね」をアクションするにも実名であることを意識しながらアクションすることになります。つまり「実名アカウントを行動(dong)変容させる価値」は匿名アカウントを行動(dong)変容させる価値よりも高いと想(xiang)定できます。

例えば「月間1000いいね」をKPI設定した場合、Facebookを匿名(ming)制SNSの反応(ying)とイコールで想定しているとKPI達成できない可(ke)能性(xing)があるかもしれません。実(shi)名(ming)運用しているために「いいねアクション」を実(shi)行するにもそれなりの理由が必(bi)要となり、ユーザーの反応(ying)が鈍(dun)く、難易(yi)度が高いかもしれないからです。

仮に「月間(jian)1000いいね」が必須KPIであるなら、さらに下(xia)位(wei)KPIとして「高品質なクリエイティブの作(zuo)成」や「トレンド性のある鮮度の高い情(qing)報発信」などを設定すると良(liang)いでしょう。匿名アカウントでも「いいね!」をしてしまいたくなるような仕掛けが用(yong)意できるよう、KPI達(da)成のための下(xia)位(wei)KPIをツリー上に設計しておくと良(liang)いでしょう。

「Facebookページ」を作成(cheng)しKPI設定を指標(biao)計測(ce)しよう

Facebookの「いいね数(shu)」などのFacebook指標を「Facebookページ」を利用(yong)(yong)して計測(ce)しましょう。Facebookページを利用(yong)(yong)するメリットとFacebookページの作成方法を以下に記載します。

Facebookページを利用(yong)するとFacebook内の指標計測(ce)が可能

まず理解していただきたいのですが、Facebookには「Facebookアカウント」と「Facebookページ」という2つが存在します。FacebookアカウントはFacebook利用者が必ず1つ作成しなければならないアカウントのことで、Facebookページは「Facebookアカウントから作成できる自由度の高いページ」です。Facebookページは実名(ming)登録を必須とせず、例えば企(qi)業名(ming)で作成することも可能です。

Facebookページを利用するとFacebook内(nei)の指標(biao)(biao)が計(ji)測(ce)できますのでKPIを設けてFacebook運(yun)(yun)用する場(chang)合は積極的(de)に活用することをお勧(quan)めします。FacebookアカウントでもKPIを追うことは可能(neng)ですが、FacebookアカウントではFacebookの指標(biao)(biao)結果を計(ji)測(ce)できないデメリットがあります。つまり、Facebook指標(biao)(biao)をKPI設定する場(chang)合はFacebookページでの運(yun)(yun)用が必須となります。

Facebookページの作成方法はこちら


企業向け┃Facebookページ(ビジネスアカウント)の作成方法と運用ポイント

Facebookページの作成方法は上記の関連記事から確認いただけます。FacebookでKPIを追った運用(yong)を実(shi)施する場合はFacebookページを利用(yong)すべきと考(kao)えますので、上記記事の手(shou)順解(jie)説(shuo)を見ながらFacebookページを作成してみて下(xia)さい。

Facebookページの投稿結果が計(ji)測できる指(zhi)標一覧

プロフェッショナルダッシュボードで確認(ren)可能な指標一(yi)覧

・投稿のリーチ
・投稿へのエンゲージメント
・ページへの新規「いいね!」
・ページの新規フォロワー
・リアクション
・コメント
・シェア
・写真ビュー
・リンクのクリック数
・すべての投稿を非表示にする
・フォローをやめた数

上記内容がFacebookページのから確認(ren)(ren)できるFacebook指標です。以下の画像のようにFacebookページの左(zuo)メニューにある「インサイト」から確認(ren)(ren)できます。

プロフェッショナルダッシュボード内のインサイト確認手順

Facebookのプロフェッショナルダッシュボードでインサイトを確認する手順1

↑Facebookページの左メニューにある「インサイト」をクリックします。

Facebookのプロフェッショナルダッシュボードでインサイトを確認する手順2

↑表(biao)示されたインサイト画面に表(biao)示された上(shang)図の赤(chi)枠部分からFacebookの指標結果が確(que)認(ren)できます。プロフェッショナルダッシュボードでより詳しく確(que)認(ren)したい方は、上(shang)図の赤(chi)枠内にある「詳細を見る」をクリックして確(que)認(ren)してみて下さい。

Meta Business Suiteからはより詳細に配信結果(guo)が確認(ren)できる

またプロフェッショナルダッシュボードで確認可能な指標よりも詳(xiang)細に配信結果を確認されたい方は「」を利用しましょう。このMeta Business SuiteとはFacebookとInstagramのマーケティング活動(dong)と広告活動(dong)を一(yi)元管理できるツールです。配信結果の指標を確認できるだけでなく、お知らせの確認やメッセージへの返信、投稿、ストーリーズ、広告の作成(cheng)および日時指定なども可能ですので、本格的にFacebookでKPIを追いたい方は是非(fei)利用されることをお勧めします。

Meta Business Suite内のインサイト確認手順

FacebookのMeta Business Suiteから詳細なインサイトを確認する手順1

↑Facebookページの左メニューにある「Meta Business Suite」をクリックします。

FacebookのMeta Business Suiteから詳細なインサイトを確認する手順2

↑Meta Business Suiteページに切り替わったら左メニューにある「インサイト」をクリックします。

FacebookのMeta Business Suiteから詳細なインサイトを確認する手順3

↑上(shang)図のようにMeta Business Suiteページのインサイトページが表(biao)示されましたらここで各指標を詳(xiang)細(xi)に確認することが可能です。

Facebook広告の配信はKPI設定(ding)を達成するために役(yi)立つ


Facebook広告の出し方徹底マニュアル(GrowthSeed)

FacebookのKPI設定を必ず達成する必要があるにも関わらず、投稿配(pei)信のみの業務のみではKPIを達成できない場合はFacebook広告を利用するのも手段です。Facebook広告を利用(yong)すればあなたが届けたいユーザーに一般投稿よりも効(xiao)率(lv)的に伝えたい情報(bao)をリーチさせることが可能です。

Facebook広(guang)告の利用(yong)には費(fei)用(yong)が発生しますので、コスト面の前検討をしておくことをお勧めします。特に一(yi)般投稿のみでのKPI達成(cheng)が現実的(de)ではなくなった時(shi)、または、最速でKPI達成(cheng)を目指すと決めた時(shi)などにFacebook広(guang)告は有(you)効(xiao)です。

Facebook広告の配信方法に関する関連記事はこちらに用意しておりますので、ご興味ある方(fang)はチェックしてみましょう。

FacebookのSNS特(te)徴を加味したKPI設定でKGIを達成しよう!

様々な角度からFacebookのKPI設定方法についてご紹介しましたが、やはり「実(shi)名登録制であるFacebookの特(te)徴(zheng)」を加味したKPI設定を施すことがFacebook運用でのKGIを達成する要因だと考えます。

当記事でご紹介したFacebookのKPI設定方法はほんの一例に過(guo)ぎません。「自(zi)信の企(qi)業が提供するサービスがユーザーにとってより魅力的に映るアプローチは何であるか」とイメージを膨らませつつ、FacebookのSNS特徴を加味し、あなたにとっての勝ち道を見つけてみてください。

Facebookコンサルティングサービスのご紹介(jie)┃株式会(hui)社フルスピード

株式会社フルスピードのFacebookコンサルティングサービス/広告運用代行サービス
↑フルスピードのFacebookコンサルティング/広告運用代行サービスはこちら

これまで株式(shi)会社フルスピードでは1000社以上の多岐に渡る業種のSNSアカウントを運(yun)用してまいりました。Facebookアカウントをどう運(yun)用すればよいかお悩みの企業様(yang)、Facebook広(guang)告を運(yun)用するためのリソースが少なくFacebook広(guang)告の運(yun)用に挑戦できずにおられる企業様(yang)はお気(qi)軽に弊(bi)社までご相談ください。

上記バナーから株式会社フルスピードのFacebookコンサルティングサービス内容とFacebook広告運用代行(xing)サービス内容に関する資料が確認でき、無料ダウンロードいただけます。ぜひ弊社サービスをご検討(tao)くださいませ。

「Facebook広告の攻略マニュアル」を無料ダウンロードする
Facebook広告の攻略マニュアル ~クリエイティブ制作・改善・運用まで~(お役立ち資料)

この記事を書いた人

矢野翔大

パチンコ遊技(ji)機開(kai)発(fa)者としてパチンコパチスロメーカーで8年(nian)間の業務(wu)を経たのち、2022年(nian)から株式会社フルスピードのオウンドメディア『GrowthSeed』のマーケティング担当として入社。"WEBサイト運(yun)営は商(shang)品開(kai)発(fa)である"というモットーのもと、自身(shen)が得(de)意(yi)とするエンタメ思考を取り入れつつ日々マーケティング業務(wu)に取り組んでいる。趣味はキャリアそのままにWEBサイト運(yun)営、パチンコ、パチスロ、ゲーム。

この記事をシェアする
記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事(shi)
関連タグから記事(shi)を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽(qing)にご相談ください