犬夜叉ピンボールマシン

  1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. InstagramはMeta Verifiedユーザーの投稿だけが表示されるフィードをテスト中(サブスク課金の重要性はMetaの判断次第で変化する)

InstagramはMeta Verifiedユーザーの投稿だけが表示されるフィードをテスト中(サブスク課金の重要性はMetaの判断次第で変化する)

公開日:2023年10月27日

InstagramはMeta Verifiedユーザーの投稿だけが表示されるフィードをテスト中(サブスク課金の重要性はMetaの判断次第で変化する)

Instagramは2023年10月下旬、「Meta Verifiedユーザーの投稿だけが表(biao)示される専用フィード」をメインフィードとReelsフィードでテストしているようです。

当(dang)記事では現(xian)状(zhuang)分かっている「Instagram上でMeta Verifedユーザーの投稿だけが表(biao)示される専用(yong)フィードへの切り替え方」と、「Meta Verifedユーザーの投稿が専用(yong)フィードに表(biao)示されることによるメリット」と「Metaの判断次第によってMeta Verifedの利用(yong)重(zhong)要度は変化する話」についてご紹(shao)介します。

無料DL┃「新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法」をGET!
新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法

Meta Verifedユーザーだけの投稿専用フィードを表(biao)示(shi)させるテストを実施中

Meta Verifedユーザーだけの投稿専用フィードに切り替(ti)える方法

Instagramロゴ横のタブからMeta Verifedアカウントのみの投稿表示画面に切り替えられる
引用:

今回のテストでは、上図のように、Instagramロゴ横に用意されたタブをタップすることで「フォローしているアカウント」と「お気に入りのアカウント」だけでなく、「Meta Verifedを利用(yong)しているアカウント」で投(tou)稿をフィルタリングすることを検証しているようです。

メインフィードとReelsフィードでMeta Verifedユーザーだけの投稿専(zhuan)用(yong)画面が表示可(ke)能

今回のテストはInstagramのメインフィードとReelsフィードで反映させることが想(xiang)定されているようです。どちらの画面もInstagramユーザーが多用(yong)する画面であるため、当テスト内(nei)容が実際にアプリ実装されると”ユーザーの行動変(bian)容”が大きく変(bian)化するだろうと推測(ce)しています。

「Meta Verifedの課金アカウントだけが表示される専用画面」に投稿を表示できるメリット

一(yi)般アカウントと比(bi)較して自社アカウントの投稿露出(chu)を高(gao)められる

Meta Verifiedアカウントの投稿のみが表示される画面が用意されることは、一般アカウントの投稿が非表示になることを意味します。つまり、必然的にMeta Verifiedアカウントの投稿露(lu)出頻度(du)は高(gao)まります。本(ben)気でInstagramを運用しているアカウントにとってはメリットがあるでしょう。

視聴者に自社アカウントの存在を深く印象付(fu)けさせられる

同様に、一般アカウントを排(pai)除しMeta Verifedアカウントのみを表示する専(zhuan)用画面が存在(zai)することで「視(shi)聴(ting)者に自社アカウントの存在(zai)を深く印象付けさせられる」はずです。UI設計で一般アカウントとMeta Verifedアカウントの区別が進(jin)めば進(jin)むほど、Meta Verifedを利(li)用してアカウント運営する価値は高まるでしょう。

Meta Verifedのサブスク課金の重要度(du)はMetaの判断(duan)次第で変化する

今(jin)回のテストでは「InstagramロゴをタップしてMeta Verifiedユーザーの投稿専用画(hua)面(mian)を表(biao)(biao)示する」という手順で画(hua)面(mian)切り替(ti)えさせるUI設定としていますが、仮にこの表(biao)(biao)示切替(ti)方法がもっとシンプルになるとすればどれほどインパクトがあるか想像(xiang)してみましょう。

例(li)えば”アプリ内の画(hua)面下部メニューバー”に「Meta Verifedユーザー専用の投稿閲(yue)覧ボタン」が用意された場合、Meta Verifedアカウントの投稿閲(yue)覧回(hui)数は当(dang)テスト結果以(yi)上に高(gao)まるはずです。

現状Metaは多くの広(guang)告収入(ru)(ru)を得(de)(de)ていますが、今後、世界が景気後退入(ru)(ru)りすればそれに伴いMetaの広(guang)告収入(ru)(ru)も低下することが想定(ding)(ding)されます。そうなれば相(xiang)対的(de)に「定(ding)(ding)期収入(ru)(ru)が得(de)(de)られるMeta Verifiedの扱いも重要度が高まる」はずですので、Instagram内のUIは今よりMeta Verifiedユーザーを優遇するUIに再設計されてもおかしくありません。

上記内容は将来想定できる1つの例ですが、Meta Verifiedを利用する重要性はアプリ内のUI設計によって大きく変化します。当テストが本実装された以降も継続的にInstagramのUIがどのように変化するか注目し、その時(shi)々でMeta Verifedを利用する重要性(xing)を検討できれば効果(guo)的なSNS運用に繋がるはずです。

SNS最新情報(bao)はGrowthSeedの最新ニュースページから確認できます!

SNS最新情報を画像クリックして確認する
↑GrowthSeedが提供する”今話題のSNS最新情報”をチェックする

株式会(hui)社フルスピードが運営するオウンドメディアGrowthSeedでは、今話題のSNS最(zui)新(xin)情(qing)報を素早くキャッチし記事コンテンツとしてまとめています。Instagramの最(zui)新(xin)情(qing)報だけに留(liu)まらず、これまでのSNS最(zui)新(xin)情(qing)報を上記バナーから確認できます。SNS最(zui)新(xin)情(qing)報の収集目的でぜひご活用ください。

無料DL┃「新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法」をGET!
新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法

この記事を書いた人

矢野翔大

パチンコ遊技(ji)機開(kai)発(fa)者としてパチンコパチスロメーカーで8年間の業務(wu)を経たのち、2022年から株式会社(she)フルスピードのオウンドメディア『GrowthSeed』のマーケティング担当として入社(she)。"WEBサイト運営は商(shang)品開(kai)発(fa)である"というモットーのもと、自身が得意(yi)とするエンタメ思考を取(qu)り入れつつ日々マーケティング業務(wu)に取(qu)り組(zu)んでいる。趣味はキャリアそのままにWEBサイト運営、パチンコ、パチスロ、ゲーム。

この記(ji)事をシェアする
記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記(ji)事
           
SNSの新着(zhe)記(ji)事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽(qing)にご相談ください